『ザ・リング リバース』はハリウッドリメイク版1作目と同じぐらいかちょっと上ぐらい面白かったですw

スポンサーリンク

それぐらい面白かった。
別に観なくても支障はないんですが、観たら結構楽しめるし、決して退屈はしない。

傑作かと言われたら、無愛想に「別に」と答えますがw

まぁ、よく出来ていたし、怖い場面もあるし、ちゃんとリングっぽい話になっていた。

最近のリングでは一番マトモw

振り返れば、ハリウッドリメイク版2作目以降、このシリーズは混迷期を迎えたと言っても良いぐらいメチャクチャになってたw

日本版の3Dが作られた辺りから、もはや貞子なんてただのおもちゃ扱いだし、本来の恐怖は吹き飛んでいた。

白石監督の『貞子VS伽耶子』が意外とちゃんとした人気オバケキャラの対決映画になっていて、貞子の恐ろしさも描かれていたのが救いだったw

そこに来て、ハリウッドリメイク版の世界観における新作がこうしてまた作られたという流れ。
2作目から相当長い年月を経て、今回わざわざ続きを作ったわけですから、そりゃ満を持した作品になっていました。

冒頭から気合が感じられる掴み具合で個人的にはオッケーだったし、キャストは若返りがなされていて、話に破綻もなく、呪いのシステムにも新しい展開を見せます。

面白くしようとする工夫が随所に感じられた。

怖さはそこそこだったんだけど、映画としてはしっかりと完成されていました。

やっぱハリウッドは表現が派手でいいですよね。
CGのサマラさんがやたらとカッコいい。

ストーリーもちゃんとしてた。
基本的に呪いを解明するミステリー映画として作られていて、サマラさんの生い立ちも分かったりもするし、ちゃんと憎むべき悪者を用意して後半盛り上げてくるのも用意周到だった。

とにかくちゃんと作ってた。
ハリウッド版のリングらしく合理的なんだけど、そこはやっぱ曖昧さが嫌いなアメリカ人気質なんでしょうね。
派手で、理に適った話を作り上げてくるのがハリウッド版の魅力ともいえます。

スリラーに近いジャンルで、ミステリー展開が楽しめるエンタメといったところでした。

つまり、本気で怖いリングを観たいのなら、中田秀夫の1作目だけ見ておけば十分なのは明白です。

いずれにせよ『呪怨』の最近のヤツより1億倍マシなので、大いにヒマつぶしにはなりますw

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。