Netflixオリジナル 『悪魔はいつもそこに』、『グレタ』

スポンサーリンク

『悪魔はいつもそこに』

おぞましいことしか起こらないどんよりと沈むような暗澹とした作品。
とことんダークで最高に好みでした。

1850年代から60年代にかけての戦後の鬱屈としたアメリカの田舎町で、生まれた瞬間から呪われていたような悲惨な人々が、クソみたいな罪と業にまみれた忌まわしい地獄を巡る話。

この世の日常とは思えないような延々と終わりのない嘆きと苦しみを見せられて疲れました。

登場人物がほぼ全員呪われすぎていてメチャクチャ怖かった。

こんな不吉を極めたヤツ、いきなりちゃっかり配信しちゃってるネトフリが怖いよねw

無垢であるがゆえに世の中の不正や不正義に対する怒りが胸の奥で常に渦巻いているトム・ホランド。
父親の狂信的信仰の果ての自殺というトラウマを抱えた主人公を抑えながらも熱演してました。

ヒッチハイカー拾っては自分の女とセックスさせて惨殺する性癖がヤバい連続殺人鬼ジェイソン・クラークや神の名の下に少女を騙してセックスしまくるロリコン神父ロバート・パティンソンなんかがグロテスクにうごめいて、男たちはほとんど腐敗したクズ人間ばっか出てきます。
女性はほぼ男社会からの迫害の対象になってましたw

高度に変態しまくるキャストがなんか渋くもあり、スタイリッシュでもあったw

暗黒時代のクソな田舎社会での神に見捨てられたような土地で、スパイダーマンになったつもりか分からないがトム・ホランドさんが悪魔に対して悪魔になってお仕置きを下してました。

なかなかのレベルの陰惨な暴力映画でしたね。
役者の演技が凄まじく良くて、見応えしかなかった。

理解しろという方が無理難題な特殊すぎる人たちが中心なので気持ちが図りかねるんだけど、そこは全部親切なナレーションがわかり易く教えてくれるのだ。
震撼するような話なんだけど、どこか心地よいナレーションのおかげで鑑賞後の気分は思いのほか良かったw

傑作。

公式サイト

『グレタ』

サイコパスをちゃんと描いた作品。

怖かったです。

『マー』がただのメンヘラなオバハンによるみっともない仕返しだったのに対して、こっちは本気のサイコ女を堂々と活躍させて筋が通ってました。

しかも、演じるのがフランスを代表する名女優にして一番の変態女イザベル・ユペールなので、やたらとエロすぎw

独り暮らしの孤独な高齢女性イザベル・ユペールが、若くて優しいクロエ・グレース・モレッツの親切心を利用して、メチャクチャにストーキングしまくります。

通りの向こうで真顔で立ち続けるユペールさん。
そんなユペールさんの不審っぷりが怖すぎるけど、同時にエロすぎw

なんであんなにエロいんですかね?
ユペールさんだから特別なんでしょうか?

ショパン聴きながら楽しく踊り舞っての殺人シーンとか最高でした。

誰が望んでいるのか知らないが、最近ムダに生産されてる老人ホラーのジャンルにまた名作が加わったということは確か。
『バタフライ・ルーム』『テイキング・オブ・デボラ・ローガン』と並ぶような厄介で、世話の焼ける高齢女性の問題作になってましたw

出自も目的もあえてほぼ不明にして、ただただサイコパスなグレタさんがひたすら狂っていて、あまりのしつこさに強気なクロエさんも怯えまくるという展開がストレートに面白い。

そして、マイカ・モンローを忘れてもいなかったのだw

ただのクロエのルームメイトとしてなんとなく登場していただけだったのに、忘れた頃に重要な役割を与えられての重要人物としての存在感。
マイカ・モンローがただ出てくるわけがないと思っていたが、やっぱちゃんと考えてくれていた。

『ザ・ゲスト』『イット・フォローズ』『TAU』で、もはやホラーで戦うヒロインといえばこの人と言えるマイカ・モンローが計画を持ってキャスティングされていたのだ。

ニール・ジョーダンは90年代からずっと面白い映画ばかり作ってきたのに、最近は全然話題にもされてこなかったけど、やっぱりこの人は天才。

『イン・ドリームス』『ブッチャーボーイ』なんかもあって、この手のサイコな映画もお手の物。
ユペールさんを贅沢に使い切っての渾身のサイコサスペンスでした。

スティーブン・レイもちゃんと出てくるので、これは疑いなしのニール・ジョーダンの映画だよ!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。